Diary
Recent Entires
Diary Archives
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
スティングとトム・ダウド

DVDを2本続けて観ました。

 

 

 

一つ目は、『スティング』(原題:The Sting)という1973年公開の映画。(写真:左)

『明日に向かって撃て!』でもお馴染みのポール・ニューマンと

ロバート・レッドフォードが再び共演した、

まさに「痛快」という言葉がピッタリの作品です。

仲間を殺された主人公フッカー(詐欺師)が、伝説のペテン師・ゴンドーフを誘い、

マフィアのボスに復讐を誓う、というストーリー。

もう、これがとにかく面白い。 最後のシーンなんて特に、

映画史に残る名シーンだと思います。 最近観た映画の中で、一番のヒットでした。

フッカー役のポール・ニューマンが出演した作品、

『大統領の陰謀』のDVDも既にゲットしてあるので、 また次、時間ができたら観よう。

 

 

そしてもう一つは、 『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』という、

2003年公開の映画。(写真:右)

これも非常に興味深い作品でした。

トム・ダウドという人は、タイトルの通り、 Derek & The Dominos(※注1)が

1970年に発表した名作アルバム、 "Layla"(邦題:いとしのレイラ)の

プロデューサー兼エンジニアです。

(※注1:ギターの神様として知られるエリック・クラプトンが当時結成していたバンド)

 

 

 

当時の英米のロック・ミュージシャン達は、

60年代後半に一大ムーヴメントとなったサイケデリック志向から徐々に脱却し、

もう一度「原点に立ち返ろう!」という動きが高まっていました。

このアルバムは、その当時のロック・シーンにおいて非常に重要なキーワードとなった

「アメリカ南部志向」、「スワンプ・ロック」、「サザン・ロック」等を象徴する、

代表的な作品です。 たまたまこの映画のタイトルには(日本人に分かり易いように)、

『いとしのレイラ』が付いていますが、決してそれだけではなく、

レイ・チャールズやアレサ・フランクリン、ロッド・スチュワート、

オールマン・ブラザーズ・バンド等、

とにかくありとあらゆるジャンルのアーティストを 手掛けた、

伝説的なエンジニアなのです!

ちなみに、タイトルにある「ミックス」とは、 録音された各楽器のバランスを整えたり、

音を加工して色付けをしたり、 迫力を出したりする作業の事です。

 

とはいえ、エンジニアという職業は、裏方というか、

なかなかスポットの当たらない職業なので、一般の方々にはピンと来ないかもしれません。

しかし僕達ミュージシャンにとっては、自分達の作品を作る・表現する上で、

本当に本当に重要な存在なんです。

エンジニアが変わるだけで、作品の雰囲気もガラッと変わってしまいますので、

まさにミュージシャンとエンジニアは一心同体でなければならないのです。

 

トム・ダウドという人は、ポピュラー・ミュージック(POPS)が隆盛を極めた

1950〜70年代において、革命的な技法と斬新なアイデアによって、

「レコーディング・エンジニア」という職業を確立した、偉大な人物なんです。

少々専門的な話をしますが、8トラックのマルチ・レコーダーを開発したのは、

なんとトム・ダウドなんです。

それだけでも、音楽界の発展に貢献した度合いはハンパないのに・・・!

 

この映画も、興味がある人には是非観て欲しいな。

「レコーディングって、こんな感じでやってるんや!」

みたいな発見もあるかもしれません。

 

♪今日のBGM "白日"/Grapevine

 

浅草&フジテレビ

先日、諸用のため、初の浅草に行って参りました。

初めて訪れた東京の下町。

なんか、情緒があっていいですね。

途中、The Three Robbersという浅草にある服屋さんに行きました。

 

Superflyサポート・ギタリストの草刈さんの紹介だったんですが、

どうやら店長の塚本さんは、Superflyの事をかなり応援してくださっているらしく、

是非会いたいという事でした。本当にありがたいお話です!

 

 

 

塚本さんはかなりの音楽好きだそうで、

また、Three Robbersの服を愛用しているミュージシャンも数多く、

それは店内の雰囲気からもビンビン伝わってきました。

ちなみに志帆が着ている赤/白のチェックのシャツは、

塚本さんからのプレゼントです。よかったね。

 

草刈さん、わざわざ遠くまで車を出してくれて本当にありがとうございました。

いつか御礼をします。

 

 

そんで昨日は、「FACTORY」の番組収録ライブのため、フジテレビに行ってきました。

でも、テレビに出るというよりは、いつものライブの感覚でした。

テレビ局の中にある会場なので、どんな感じなんかな〜と思ってましたが、

完全にライブハウスでした。

 

 

 

Superflyはオープニング・アクトだったので、

1. ハロー・ハロー

2. マニフェスト

3. 愛をこめて花束を

の3曲でした。

 

あっという間でした。

 

今回の出演バンドは、 出演順にmonobrightさん、Base Ball Bearさん、

サンボマスターさん。

monobrightさんは、Superflyとはプロデューサーの松岡さんつながりだし、

Base Ball Bearさんは、この前のなんばHatchのライブの時に一緒だったし、

サンボマスターの山口さんは、この前J-WAVEでお会いして、

ご挨拶&CDをお渡ししてたので、

勝手に「親近感の沸くラインナップだな〜」なんて思ってました。 すみません。

 

 

ここで唐突ですが、Superflyのサポートメンバー、

ノッチさん(keyboard)を紹介したいと思います!

 

 

 

ノッチさんはサポート隊の中でも一番新しいメンバーなんですが、

なんだかんだで、気が付いたらいつの間にか2ヶ月経ってました。

ワイルドな容姿とは裏腹な、繊細なタッチのピアノで、

今まで何人の女性たちを虜にしてきたのでしょうか。

罪な男です。

嘘です。

彼の純粋なハートと、控えめな中にも時折見せるアツい魂、

そして常に「ノッチ・ワールド」に浸っているマイペースさは、

もはやSuperflyチームには無くてはならない存在です。

そんなノッチさんを、皆さんよろしくお願いします!

 

P.S. なんとSuperflyの向かいの楽屋は、

あの天下の"さんまさん"でした!

しかも一瞬でしたが、運良くバッタリお目にかかれて非常にラッキーでした。

 

♪今日のBGM "Watermelon Man"/Herbie Hancock

 

お宝発掘

今日、家で本棚の整頓をしていると、 自分でも驚くほどのレアな資料が出てきた。

 

それは、僕が大学1年生の時に組んでたバンドが、

とある音源コンテストに応募した時の資料だった。

 

 

 

応募の最終締め切りは、「2001年2月28日」と書かれてある。

という事は、今から6年以上も前だ。

 

年齢を見ると「18歳」と書いてあるので、

まだ誕生日を迎える前だったのだろう。(僕の誕生日は2月11日) 若い・・・。

 

自分で言うのもナンですが(笑)、 この資料の注目すべき点は、

『ハロー・ハロー』を作った直後の 貴重な資料だという事。

 

ちなみに、メンバー紹介のパート欄に「ボーカル/ギター」と書いてます。

 

つまり、そういう事だったのです!

 

今でも当時の音源を持ってるけど、恥ずかしくて顔から火が吹き出そう!

淡い青春の1ページです。 誰だって若い頃は、1つや2つ過ちを犯しますよ。

 

それにしても、この曲を志帆に歌ってもらったのは、 我ながら正しい選択でした。

 

この資料に、いくつか面白い事を書いていたので 紹介したいと思います。

 

【アドバイスして欲しい点】という項目に、

「ライブ音源なので録音状態が悪く、緊張のためミスも多いです」 と書いてます。

 

これは、おそらく自分の字です。 先手で言い訳に走ってますね・・・。

男らしくないですね(笑)

 

【使用機材】の欄には、

「Epiphneカジノと、マーシャルのアンプ」と書いてます。

 

これは、Epiphoneっていうメーカーの「カジノ」っていうモデルのギターなんですが、

John Lennonに憧れて買った、当時のメイン・ギターでした。

ちなみに、『ハロー・ハロー』のCDジャケットの裏にも載せてます。

(4/16戯言写真参照※ギタースタンドに立ててある茶色のギター)

 

そして極めつけの、審査員による【アドバイスコメント欄】には、

「ポップな曲でタイトルに合った曲に仕上がっていると思います。

コーラスの入る所等、なかなか良いセンスを持ってますね。」

 

・・・おおっ!かなり褒められてる!

 

「リズムアレンジとして、全員が同じパターンになる所が 少々しつこい気がしました。」

「ドラムの音数が多いので、もう少し工夫しましょう。」

「全体的には、個々の演奏とバンドとしてのまとまりが希薄に感じられます。

キメの部分を重点的に練習するなどして、もう少しキッチリ演奏しましょう。」

 

・・・けっこうダメダメですね(笑)。

 

今この時の音源を聴くと、かなり粗が目立つし、

ごもっともです、って感じなんやけど、

当時は「完璧や!」なんて思って演ってたもんなぁ・・・。

「演奏のまとまりが希薄」なんて言われても、

どこをどう直せばいいか、正直全然分からんかった。

 

という事は、あれから6年間。

色んな音楽に出逢って、それなりに経験も積ませてもらって、

年も取って、 多少なりとも耳が肥えたって事なんかなぁ?

よし。これからも頑張ろう。

 

ちなみに最後は、

「曲自体はとても良いので、キチッと演奏するだけでもカッコ良くなります。

これからも頑張って下さい。」

 

という文章で締め括られてました。

この言葉が自信に繋がった事は、鮮明に覚えている。

 

♪今日のBGM "Tempted"/Squeeze

 

THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW

皆さま、こんにちは!

今日は、わたくし志帆が代わりに書かせてもらいます!

 

最近めっきり暑くなってきましたね。

家中の窓を全開にできるのが嬉しい〜!

私は、一日で「朝」が一番好きな時間なので、

窓から爽やかな光が射しこむと、それだけで気分がハイになります。

 

Superflyの近況ですが、

デビュー2ヶ月くらい前から続いた忙しさも、今は少しだけ落ち着きました。

なので、私はここぞとばかりに本を読んだり、

買っただけで封すら開けてなかったCDを聞いたりしてます。

 

こないだのオフ、 孝ちゃんはギターの草刈さんと

高円寺に買い物に行ったそうですが、 私は友人と喫茶店に行きました。

 

 

 

お昼に、ボリューム満点のハンバーガーをいただきました。

無事食べ終えましたが、苦しくて気分悪くなりました。。

何事も、腹八分目が良いですね!

値段はチョット高めだけど、すごく美味しかったですヨ。

また食べた〜い!

 

昨日は『ロッキー・ホラー・ショー』という、

'70年代のミュージカル映画を観ました。

 

 

 

友人に薦められて観たんですが、これめちゃくちゃおもしろかったです(笑)

訳のわからなさに、終始爆笑してました。

この時期、5月病でモヤモヤしてる方がいっらっしゃいましたら、

是非ご覧になってください!気分爽快ですよ♪

 

あ、そういえば、先日オープンしたSuperflyのモバイルサイト内で、

携帯用ブログ、『志帆のHonky Tonk Diary(仮)』が新設されました!

『多保の戯言』に負けないように、ジャンジャン書いていきますので

よろしくおねがいしま〜す!

 

「生」

前回の「戯言」にも書きましたが、 只今Superflyは、

zip-fm内で毎週木曜日の深夜に、 「HEAT PHONICS feat.Superfly」という

レギュラー番組をやらせてもらってます。

 

デビューと同時に始まったこの番組。

気がつけば早1ヶ月が経過し、だいぶ慣れてきたな〜なんて思っていると、

担当者から「来週、生放送でやるからね」の一言。

 

そして昨日が、その放送日でした。

スタジオには、いつになく緊張感が漂っていましたが、

一番緊張していたのは、加藤プロデューサーでした。

いつも番組の冒頭に、加藤Pの声が入る構成になっているのですが、

(あれ、誰の声なんだろうと思っていた方も多いはず。)

その声も生放送という事で、ちょっとナーバスになってました。

いくら番組のプロデューサーとはいえ、出演するのは初めてのようです。

そりゃそうだ。

 

 

実際の放送は、思ったよりもうまく行って、安心しました。

番組スタッフからも、「君達は"生"向きだねぇ」なんて褒められましたが、

かなりカミカミでしたよ?

 

あ、それと、番組放送中に沢山のメッセージを頂いて、かなり嬉しかったです!

「ラジオもビールも、生が一番!」 なるほど、確かにその通りや。

時間の関係で、全部読み切れなかったのが非常に残念でした。

 

話は変わって・・・

これ、なんだか分かりますか?

 

 

 

ロック史に燦然と輝く名盤中の名盤、 The Rolling Stonesが

1968年に発表した"Beggar's Banquet"の ジャケット・・・ ・・・・

と思ったら大間違いです!

実はこれ、本物のトイレなんです。

 

本番前、番組スタッフの冨田教授に、

名古屋市内にある某ロック・バーに 連れて行ってもらったのですが、

これはそのお店の中にあるトイレです。

しかも、この忠実に再現した壁の落書き。

なんとマスターの手書きらしいです。

壁の色も、パイプの配置も、すべてが完璧。

マジでブッ飛びました!

マスターの、音楽に対する並々ならぬ愛情を感じました。

ストーンズ・マニアなら、一度は行ってみる価値アリです!!

 

♪今日のBGM "South City Midnight Lady"/The Doobie Brothers

 

衣装を買いに

オフを利用して、Superflyサポート・ギタリストの草刈さん(大分県出身)と一緒に、

高円寺へと衣装を買いに出掛けました。

 

高円寺に行くのは、およそ1年ぶり。

 

僕が上京して最初に住んだのは、国立(くにたち)という街だったのですが、

同じJR中央線沿いの街なので、よく買い物に行ってました。

すごく懐かしかったです。

 

あの頃は右も左も分からず、知り合いもほとんどいなくて、

ただひたすらバイトしたり、家で曲作ったりしてたなぁ・・・。

 

そういえば、一番お気に入りだった60'sモッズ古着屋が無くなっていたのが、

ちょっと寂しかったな。

 

かなり色んな店を回ったけど、僕は結局何も買いませんでした。 残念無念。

草刈さんは、The Rolling Stonesのロニー・ウッドが、

'81年の全米ツアー(DVD"Let's Spend The Night Together"参照) で着てたような、

ウエスタン・シャツを血眼になって探してました。

しかし、全くと言っていいほど見つからず・・・。

こんな風に、気合入れて買い物に出掛けた日に限って、 良い服に巡り合えません。

逆に、なんとなくぶらっと出掛けると、最高のモノに出逢えたりする。

どうしてなんかなぁ・・・?

 

 

 

♪今日のBGM "Our House"/Crosby, Stills, Nash & Young

 

オフの過ごし方

名古屋で開催されたzip-fmさんのイベント、

「SAKAE SP-RING 2007」に出演しました。

観に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

志帆が「zip-fmでレギュラー番組をやらせてもらってます」 ってMCで言うと、

「毎週欠かさず聴いてます!」って言ってくれたお客さんがいて、

あれは結構嬉しかったな。

 

 

 

この日のセットリスト・・・

1. (Opening Jam)

2. 1969

3. キャデラック

4. ハロー・ハロー

5. 孤独のハイエナ [Live version]

6. 浪漫

7. マニフェスト

8. 愛をこめて花束を

 

というわけで、デビューして1ヶ月間、

Superflyはノンストップで突っ走ってきましたが、

明日はホントに久々のオフです! 最高!!

「何しようかな〜、あれしようかな〜」 なんて考えてるうちに

一日が終わってしまわないように、 ちゃんと計画を立てます。

 

とりあえず、2ヶ月前くらいに買ったのに開封すらしてなかった 映画DVDを、

今晩ようやく観れました。

 

 

 

ミッキー・ロークやケビン・ベーコンが出演し、

1982年に公開された 『ダイナー(Diner)』という映画です。

ジョージ・ルーカス監督の『アメリカン・グラフィティ』を彷彿とさせる、

1950〜60年代のアメリカの若者を描いた青春ドラマです。

(いわゆるビートルズ世代よりも、もう一つ上の世代。)

こういう映画を観ると、「仲間って良いな〜」ってつくづく感じます。

ただ、『アメリカン・グラフィティ』と比較すると、

若干内容が薄味な気がしました。

 

さて、明日は何しようかな。

 

♪今日のBGM "ハイスクールララバイ"/イモ欽トリオ

 

スペシャ列伝
若干、二日酔い気味の多保です。 (打ち上げで飲み過ぎた。)

 

 

昨日は渋谷DUO Music Exchangeにて行われた、

「スペースシャワー列伝 〜幟(のぼり)の宴〜」というイベントに出演しました!

出演アーティストは、 オトナモードさんと、秦基博さんと、Superflyの3組でした。

 

MCでもちょこっと触れましたが、

この日は おニューのベルボトムを履いてライブに臨みました。

渋谷にある某ベルボトム専門店で購入した、

カーゴタイプの 珍しいベルボトムです。

 

 

 

僕は普段からいつもベルボトム・ジーンズを履いているんですが、

ベルボを履くと士気が高まるというか、テンションが上がるんですね。

僕にとって、そういう意味合いのあるアイテムです。

以前にもブログに書きましたが、人生も末広がりで行きたいものです!

将来、ベルボトム・ジーンズを着用したお客さん限定のイベントとか

ワンマンでやれたらいいな〜。

 

ちなみにこの日のセットリスト・・・

1. (Opening Jam)

2. 1969

3. Rescue Me

4. キャデラック

5. ハロー・ハロー

6. 孤独のハイエナ

7. 浪漫

8. マニフェスト

9. 愛をこめて花束を

 

 

 

最近、ライブが楽しくて仕方が無いです!

現在Superflyは、僕と志帆+サポート4人の、 計6人でやってるんですけど、

すごく良いメンバーに巡り合えたなーって つくづく感じます。

 

ちなみにSuperflyのバンド編成の特徴は、「ツインギター+キーボード」。

これは僕の中でかなり重要な位置を占める、こだわりのポイントなのであります!

僕が人生において多大な影響を受けたバンド、

例えばThe Rolling StonesやThe Beatles、Aerosmith、

The Doobie Brothers(トリプルの時期アリ)。

み〜んなツインギターのアンサンブルを大切にしてるんです。

ギターが2本ある事によって、よりサウンドが立体的になるんですね。

いつも曲を作るときは、必ずこの

「ツインギター・サウンド」を イメージしながら作業を進めていきます。

 

♪今日のBGM "Miss Me Blind"/Culture Club

 

レコーディングは大詰め段階

こんにちは、多保です!

 

しょっちゅう「戯言」を更新しているので、そろそろ

「こいつ、暇なんじゃないか」と思われ始めてるかもしれませんが、

違うのです!(笑) ブログを書くのは、僕の趣味なんです。

ちょっとずつ時間を見つけては、書いてます。

 

実はこの「多保の戯言」、 アマチュア時代から同じタイトルでず〜っと続いていて、

中にはご存知の方もいらっしゃると思いますが、

もう5年目に突入しています。

すごいでしょ? 継続は力なり!

雨の日も風の日も、書き続けることを誓います!

というわけで、いよいよ新曲のレコーディングも大詰めを迎えました。

かなり良い感じ。順調です!

いくつか、レコーディング風景をご紹介いたします。

 

 

 

歌入れをしている志帆。幸せそうな表情ですね。

 

 

 

コーラスに参加して頂いた、

シンガーソングライターの 伊沢ビンコウさん(右から二番目)。

 

 

 

フィンガースナップを録音している志帆と エンジニアの三上さん。

エンジニアが録音に参加するのは、非常に稀な例です(笑)

 

見ての通り、非常に楽しい現場です。

 

あと、napsterさんの「春のプレイリスト100」という企画に

Superflyも参加させて頂きました。

ズバリ、「ロックンロール入門」というテーマで選んでみました!

僕達が多大な影響を受けた数々の名曲を、

ぜひ皆さんにも聴いてみて頂きたいと思っています。

 

♪今日のBGM "Respect"/Aretha Franklin

 

「J-WAVE LIVE〜SPRING!」

5月6日に渋谷AXにて行われたイベント、

「J-WAVE LIVE〜SPRING!」に出演しました!

 

 

渋谷AXのステージに立つのは、デビュー前にIndia.Arieの前座を

やらせてもらって以来、丁度3ヶ月ぶりです。

 

出演したアーティストは、

出演順に Superfly、フジファブリックさん、アンジェラ・アキさん、

そして事務所の大先輩、ウルフルズさんです。

 

20分と短い時間でしたが、すごく楽しいライブができました。

こういうイベントは、他のアーティストのステージも観れて、

すごく勉強になるので本当に嬉しい。

 

終演後、フジファブリックの皆さんにご挨拶。

ギターの山内さんは、俺と同じギター (Fender USA、

テレキャスター・カスタムの"natural") を使っていて、

しかも同い年だったので、すごく親近感が沸きました。

サポート・ドラマーの方は、ベルボトムを履いてました。

ほんでもってベルボトムの話で盛り上がり、

なんと 俺と同じ店(名古屋の"the other")で買ってました。

・・・すごい偶然!

 

アンジェラさんのライブを観るのは、これで3回目。

観る度に素晴らしい歌声とパフォーマンスに圧倒されます。

ピアノ一台で、あれだけの世界観を作れるのは凄い。

 

ウルフルズは、「さすが」の一言でした。

ステージ上での圧倒的な存在感・・・すごいです。

ロックバンドとして、見習うべき点は多々あります。

MCで、トータスさんがSuperfyの事をいじってくれたので、

ちょっと嬉しかったです。 明日からは再びレコーディング!

頑張って、良い作品作るぞ〜。

 

 

この日のセットリスト・・・

1. ハロー・ハロー

2. 1969

3. マニフェスト

4. 愛をこめて花束を

 

♪今日のBGM "Act Naturally"/Buck Owens

 

1  2