Diary
Recent Entires
Diary Archives
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
ARABAKI ROCK FEST.07

 

 

Superflyにとって、初のフェス参加となった、ARABAKI ROCK FEST.07!

 

一昨日のREQUESTAGE5に続き、

今回もオープニング・アクトとして参加させて頂きました。

 

「荒吐(アラバキ)」って、すごい地名やなぁ...と思っていたら、

これは地名ではなく、縄文時代、東北地方に住んでいた 「荒吐族」から

命名されたようです。なるほど。

 

28・29日と、2日間に渡って行われたのですが、

Superflyは2日目のトップバッターとして出演しました。

しかも出演時間は朝の10時! 朝からライブやるのは、人生初めてです。

 

仙台には前日に到着したのですが、 ホテルから会場まで結構距離があるので、

朝の6時起床! みんな、ほとんど眠れなかったみたいです。

俺も2時間くらいしか眠れなかったので、ナチュラル・ハイでした。

バスに揺られること1時間半。

そこには雄大な自然が、360度広がっていました。

こんな美味しい空気を吸ったのは、久し振りです。

会場には、前日から宿泊しているお客さんたちのテントが 所狭しと並んでいました。

 

この日のセットリスト・・・

1. (opening jam)

2. 1969

3. ハロー・ハロー

4. マニフェスト

5. 愛をこめて花束を

 

演奏を始めると、どんどんお客さんが集まってきてくれて、

最終的には3000人くらいになりました!

天気も最高に良かったし、気持ちよかったです。

どうも有難うございました!

 

 

 

終わった後、みんなでビール飲みながらバーベキューして、

ラジオの公開録音に出て、 東京にダッシュで戻りました...。

もっとイベントを満喫したかった〜!

 

 

♪今日のBGM "Tell Mama"/Etta James

 

大阪城ホール

 

 

遂に来てしまいました!

大阪城ホール!!

FM802 ROCK KIDS 802 SPECIAL LIVE "REQUESTAGE5"。

 

参加されたアーティストは、

出演順に、 絢香さん、ゆずさん、aikoさん、アジカンさん。

まさに錚々たるメンバーです。

 

開演前のリハーサル。

階段を上り、会場のステージに立った時、

胸の奥から込み上げてくるものがありました。

これが「武者震い」ってやつなのでしょうか。

 

大阪城ホールは、収容人数なんと1万人以上。

ステージの斜め後ろにまで客席がありました。

こんな素晴らしいイベントに出演させて頂けた事自体、

奇跡と言っても過言ではありません。

 

しかし、デビューしてまだ20日しか経過してない僕等にとって、

この会場は、目の前に立ちはだかる大きな壁のようでした。

 

「僕達は挑戦者。失うものは何も無い。」

 

心の中で、そう唱えながら、リハーサルをこなしました。

 

本番直前、メンバー6人全員でいつもの円陣を組み、

雄叫びを上げ、気合を入れました。

この時点で、緊張は完全にワクワク感に変わってました。

大型スクリーンの映像と共にステージに上がると、

1万3000人を超えるお客さんが、驚くほどの温かい拍手で 迎えてくださいました。

 

Superflyはオープニング・アクトだったので、

この日のセットリストは全3曲。

 

曲目は・・・

 

1. ハロー・ハロー

2. マニフェスト

3. 愛をこめて花束を

 

本当にあっという間でしたが、もの凄く楽しかったです。

 

自分達の奏でた音が、あのバカでかい会場に鳴り渡っていく感覚...。

それは、今までに決して味わったことの無い感覚でした。

その一瞬一瞬を噛み締めながら演奏していました。

そして、「いつかワンマンでやりたい!」という大きな夢ができました。

 

また、最初から最後まで、温かかったお客さん。

正直、今回のライブは、お客さんに助けられた部分もかなり大きかったです。

本当に有難うございました。

 

全てのプログラムを終えた後、 もちろん、いつものメンバー&スタッフと打ち上げ。

この日は特別に、絢香さんのバックでギターを弾いてた

八ツ橋氏にも参加して頂きました!

水を得た魚の如く、みんなドッカンドッカン飲みまくり。

ちなみに八ツ橋さんは、Superflyの"ハロー・ハロー"と"Hot'N'Nasty"の

レコーディングにも参加して頂いてます。

 

ホントに最高の一日でした。

明後日は仙台のARABAKI ROCK FEST.07!

初のフェス参加です。

ちなみに出演は朝の10時! みんな、寝坊するなよ〜(笑)

 

♪今日のBGM "Sonnet"/The Verve

 

カバー曲に込めた思い

僕達のデビューシングル、『ハロー・ハロー』を聴いて下さった皆さん、

本当にありがとうございます!!!

今日は、このCDの3曲目に入っている"Hot'N'Nasty" という曲について、

熱〜く語っていきたいと思います!

この曲を聴いて、「一体誰の曲だろう?」と思った方も いらっしゃると思いますが、

これは、Humble Pie(ハンブル・パイ)という、

1970年代に活躍したイギリスのバンドの曲です。

 

 発売当時の"Hot'N'Nasty"のドーナツ盤レコード

 

イギリスのロック・バンドといえば、

真っ先に The Beatles、The Rolling Stones、Led Zeppelin、Deep Purple等の名前が

挙がりますが、Humble Pieは、それらのバンドと比べると 知名度が低く、

どちらかというと「通好み」のバンドと言えるかもしれません。

泥臭くヘヴィなサウンドと、Steve Marriottの

魂を揺さぶるようなヴォーカルが特徴のグループです。

この"Hot'N'Nasty"という曲は、彼らの代表曲で、

また、ロックの「裏」名盤として歴史に名を刻んだ

"Smokin' "というアルバム(1972年リリース)の冒頭を飾る曲でもあります。

 

"Hot'N'Nasty"が収録されているアルバム"Smokin'"

 

自分達の敬愛する曲をカバーして、CDリリースするっていうのは

俺の昔からの夢で、今回それが叶って、本当に嬉しく思っています。

 

あれは高校3年生の時。

たまたま観たBSの「1970年代ロック特集」番組で、

言葉にならないほどの衝撃を受け、

その瞬間、 自分の進むべき道が定まりました。

 

目まぐるしく流行の波が押し寄せる現代において、

もはや過去の物として語られる事の多い1960〜70年代の音楽は、

「知る機会」すら少なくなってきているように感じます。

 

俺もあの時、偶然TVの電源をつけなければ、

今も、知らずにいたかもしれません。

 

そこでSuperflyは、自分達の大好きな曲をカバーする事によって、

一人でも多くの人に、珠玉の名曲たちを知ってもらえたらと思っています。

特に、自分達と同世代、もしくはそれよりも若い世代の人達に

聴いて頂けたらと願っています。

そして、「Humble Pieのアルバムも聴いてみよっかな〜」 なんて思って頂けたら、

感無量でございます!!

「ルーツを探る旅」の楽しさ・喜びを、是非感じて頂きたいです。

ちなみに、このカバー企画は、今後も継続していく予定です。

次回のシングルを楽しみにしていてくださいね!

 

♪今日のBGM "Rock And Roll, Hoochie Koo"/Rick Derringer

 

熊本→福岡

 

さてさて、Superflyは海を渡り、 九州へと行って参りました。

まずは熊本県。 初上陸です!

 

お仕事の合間を縫って、一人ぶらりと アーケード街を散策してきました。

熊本県、結構イカシてます。

穴場の古着屋さんとか、虱潰しに探せば 結構ありそうな雰囲気でした。

途中、立ち寄った某CDショップにて、 Ann Peeblesの"I Can't Stand The Rain"の

紙ジャケと、 Moby Grapeのベスト盤を購入しました。

志帆とTマネージャーは、二人仲良くマッサージ屋に行って

大失敗したみたいです(笑)

今回、運良く晩御飯の時間が長めに取れたので、 熊本・郷土料理のお店に行きました!

噂では、「熊本料理にハズレ無し」と聞いておりましたが、

ハズレ無しどころか、「全部大当たり」で御座います!

ヤバイ。病み付きになりそう・・・。

写真左は、「からし蓮根」。

写真右上は、「ダゴ汁」。

どちらも熊本名物らしいです。絶品ですわ。

愛媛人の俺としては、 どれも珍しいメニューばかりだったので、

終始興奮してました。

 

次の日は、福岡に移動。

 

この日は1日中フル稼働して参りました。

なんせ、朝の6時からラジオ生出演ですから!!

前日、何故かほとんど眠れなかったので、ナチュラル・ハイ状態でした。

最後の番組が終了したのは20時半。

その間、一体、何本ラジオに出演したのか、もはや覚えてません(笑)

その後ダッシュで東京戻り。

まさに、怒涛のように過ぎていった一日でした。

 

写真右下は、番組プレゼント用の

サイン入り・Fender Japanテレキャスター・カスタム!!!

俺がメインで使ってるギターの、色違いのJapanモデルです。

さらに言うと、俺の敬愛するギタリスト、 Keith Richardsが

1981年頃に使いまくってたギターのJapanモデルです。

詳しくは、DVD作品"Let's Spend The Night Together"を観てね!

一体どのくらいのご応募があったのでしょうか・・・?

俺が欲しいくらいです。 応募しようかな・・・。

 

♪今日のBGM "Firecracker"/Ryan Adams

 

静岡→岡山→山口

 

只今、キャンペーンで各地回ってます!

今回は静岡→岡山→山口に行ってきました。

まず始めに、初めて訪れた静岡県でしたが、 時間の関係で、

ゆっくり滞在できなかったのが残念です。

静岡といえば、サッカーの聖地。

何を隠そう俺は昔、小学生の頃、清水エスパルスのファンでした。

特に贔屓してたのが、少し前に惜しまれつつも現役を引退された

沢登正朗選手(MF)でした。

中学で音楽に夢中になってからは、残念ながらJリーグを観る機会は

激減してしまいました・・・。

地元・愛媛の陸上競技場で、清水vsJEF市原の試合を 観に行ったのが、

すごく懐かしい!

シジマール(当時のJリーグ最強GK)、今は何してるんでしょうか。

マッサーロ(元イタリア代表FW)も一時期いたなぁ・・・。

 

次に訪れた岡山県。

1〜2年前に、家族で後楽園に旅行に行って以来でした。

ラジオ出演を終えた後、空き時間ができたので、

岡山に住んでいる高校の時の親友と、3年振りの再会を果たしました!

いやぁ、ホントに懐かしかった〜。

高校時代に戻った感じでした。

そいつも今や家庭を築き、可愛い子供がいます。

なんか、とても不思議な感じです。

頑張れ、パパ!

 

あ、そういえば、岡山には「ふくろう美術館」という

知る人ぞ知る名スポットがあるそうです!

次来た時は是非行ってみたいな。

 

そしてお次は山口県!初めての訪問でした。

1車両のローカル電車に乗ったのは、久し振りです。

もちろん自動改札機もありません。

地元・愛媛を思い出すなぁ・・・。最高です。

山口駅の、風情ある雰囲気がとても気に入りました。

電車のレトロさ加減も、「レトロ愛好家」の俺には シビレました。

 

♪今日のBGM "Let Me Be There"/Olivia Newton-John

 

ジャケット写真の秘密

 

Superflyのデビューシングル、『ハロー・ハロー』の 裏ジャケットの写真。

実はこの写真には、二人の様々な想いが封じ込められています。

 

赤マルで囲んだ、志帆の足元にあるラジカセ。

 

実はこれ、俺が中学生の時に、おじいちゃんに借りたまんま

現在までず〜っと使っているSONYのラジカセなんです。

いつも曲を作る時、まずこのラジカセの録音ボタンを「ガチャッ」と押して、

ギターを爪弾いたり、鼻歌を歌ったりしてます。

それは約10年間、ずっと変わってません。

数百曲に上る楽曲のストックは、ほとんどすべてがここから生まれました。

もちろん、『ハロー・ハロー』もその一つです。

でも、「借りパク」です(笑) ごめん、おじいちゃん。

 

そして、もう一つ。

 

黄色マルで囲んだピンク色の冊子は、

なんと、俺が小学2年生の時のクラス文集です。

「よく残ってるね〜」って色んな人からツッコまれましたが、

俺はこういう、いわゆる「記念モノ」を大事に取っておくクセがあるんです。

例えば、デビュー前最後のライヴのスタッフPASSとか、

初めて観に行ったローリング・ストーンズのチケットとか、

アマチュアの時に掲載された愛媛新聞の記事とか・・・。

「どうして文集を?」って思うかもしれませんが、

なんとなく、自分の人生の軌跡みたいなものを封じ込めたかったんですね。

ちなみに「将来の夢」の欄には、「マンガ家」と書いていました。

絵を描くのが大好きな少年でした。

他にも、この写真には、Superflyの二人の思い出の品や、

デビュー前にお世話になった人から頂いた物など、

色んな物を散りばめています。

シングルCDには"Special Thanks"を掲載するスペースが無かったので、

こういう形になりました。

 

さて、明日からも頑張ろう! おやすみなさい〜!

 

♪今日のBGM "On And On"/Stephen Bishop

 

NEW BREEZE

 

 

大阪城野音で開催されたFM802さんのイベント、

HIRO T'S MORNING JAM presents "NEW BREEZE" に出演しました!

事前の天気予報では、完全に「雨マーク」でしたが・・・、 奇跡が起こりました!

イベントの開催を祝福するかのような晴天。

まさに野外コンサート日和でした。

 

Superflyにとっては、デビュー後初のライブだったので、

久しぶりに緊張しました。

しかも、お客さん3000人。

映画"Woodstock '69"とかを観て、昔から野外イベントに対して

すごく憧れを抱いていたので、本当に楽しかったです。

 

あと、お客さんが『ハロー・ハロー』を

一緒に歌ってくれてたのが 嬉しかったな〜。

終演後、主催者でもある、DJのヒロ寺平さんにご挨拶をさせて頂きました。

男の俺でもホレボレするようなダンディズム。

そして、絵に描いたような「良い人」でした。

多くのミュージシャンから尊敬されているのが、とてもよく分かりました。

 

共演したアーティストも皆、個性的で素晴らしい方ばかりで、

とても刺激になりました! いやぁ、良い一日だった。

 

今日から再びキャンペーンに出発します!

 

(写真は、キャンペーン用に渋谷で購入したスーツケース)

 

♪今日のBGM "How Do You Do It?"/Gerry & The Pacemakers

 

ミュージック・ステーション Special

 

初のTV出演となったミュージック・ステーションspecial

滞りなく終了致しました。

とりあえず大きなヤマは越えました。

皆さん、お疲れ様でした!

 

TV出演なんてまだまだ遠い先の事だと思っていたので、正直うろたえました。

しかも「3時間スペシャル」。

体が完全に硬直してしまいました。

それから当日の本番までの間、二人とも常に緊張した状態が続いてました。

特に志帆は眠れない日が続いたらしいので、喉のコンディションが心配でした。

 

本番直前は、明らかに表情がこわばっていて、

極度の緊張状態に陥っているのが伝わってきました。

それでも、俺はあまり心配はしてませんでした。

デビュー前に、渋谷AXでのIndia.Arieの前座や、

なんばHatchでのFlying Postmanさんのイベント、

渋谷O-EASTでのスペシャさんのイベント等、

常にアウェーの状態だったにも関わらず、会場が大きければ大きいほど、

志帆は驚くほどの強力なパワーを発揮してきたからです。

 

ブログという公の場で、相方を賞賛するのはなんとなく格好悪い気もしますが、

そういう大きなイベントの度に、俺をはじめ、スタッフやサポート・メンバーは、

志帆のポテンシャルに驚かされてきました。

なので、Mステ本番、志帆のフェイクがモニターから聴こえてきた時、

「イケる!」と思いました。

 

その後は、本当にあっという間でした。

終わった後に、雛壇の上で志帆に「どうやった?」とコッソリ聞くと、

「めっちゃ楽しかった〜!」と満面の笑みで答えてくれました。

勿論、俺もすごく楽しかったです。

 

確かな手応えを感じました。

今回、沢山の人にSuperflyの音楽を聴いて頂く事ができて、本当に幸せです。

こんな伝統ある素晴らしい番組に出演させて頂いて、感謝で一杯です。

本当に有難うございました。

本番終了後、共演したアーティストの皆さんにご挨拶をさせて頂きました。

(時間の関係で、何組かの方は出来ずじまいでしたが・・・)

 

一つ確信した事があります。

それは、「トップに登りつめる人は、みなハートが温かい」という事です。

 

余談ですが、

「SMAPの踊りを背後から観る」という、貴重な体験もできました。

 

♪今日のBGM "Still Crazy After All These Years"/Paul Simon

 

祝!メジャー・デビュー

 

 

本日4/4、私達Superflyはデビュー致しましたー!

今まで支えてくださった方々、本当にありがとうございました。

今日のデビューまで、暗中模索していた時期もあり、

落ち込んだ事もありましたが、

そんな私達をいつも救ってくれたのは、愛媛にいる家族、友人、

応援してくれてる人達の笑顔と声援でした。

何度、ありがとうと言っても言い足らないです。

これからは、私達がみなさんに恩返しする番です。

落ち込んだ時、迷った時、笑いたい時・・・

Superflyの音楽を聴いて、

少しでも元気になってもらえたら嬉しいです。

そして、そんな音楽を届けられるよう、

一つ一つの作品に魂を込めて作りたいと思います。

 

これからSuperflyは、ノンストップで走り続けます。

「ハロー・ハロー」で、沢山の方々と出会えるのを

本当に楽しみにしています。

 

まだまだ未熟者ですが、末永く宜しくお願いします!!!

 

越智志帆

 

本日4/4をもちまして、僕達Superflyはメジャーデビューする運びとなりました。

入学式、始業式、入社式と、まさにこれから新しいステージへと翔く皆さんと

一緒にデビューできるという事は、本当に感慨深いものがあります。

また、ここまで来る事ができたのは、色々な人の支えがあったからです。

今後は更なる紆余曲折があると思いますが、常に感謝する事、

そして初心を忘れず、精進していきたいと思います。

 

今後とも、Superflyを何卒宜しくお願い申し上げます!

 

多保孝一

TSU

 

キャンペーンで、再び名古屋の地を踏みました!

今回はZIP FMさんの番組、「AFTERNOON MUSE」にゲスト出演してきました。

レギュラー番組も始まるし、これだけ頻繁に行くと

「名古屋マスター」になる日も近いかもしれません。

Superflyは現在、「名古屋名物を一つずつ制覇する」という目標を掲げています。

 

今回チャレンジしたのは、「ひつまぶし」!!

 

実は俺、生まれてから25年間、うなぎは苦手だったんです。

でも、周りから「ひつまぶしを食べれば、絶対に好きになるよ!」

と散々聞かされてきたので、今回チャレンジする事になりました。

で、実際食べてみると、マジでうまい!ビックリです。

うなぎに対する負のイメージは、わずか数秒で崩壊。

名古屋の食べ物はどれもキャラが濃すぎて、

合う人と合わない人がいると聞きましたが、

俺とは相性バッチリみたいです。

 

名古屋キャンペーンを終えた後、お次は三重県に移動。

人生・初の三重県です!

 

小学生の時、「社会」の時間で県庁所在地を習った時、

"tsu"という響きがやたら印象的だったのを覚えてます。

 

今回Superflyは、レディオキューブ・FM三重さんの番組に生出演してきました。

津駅付近は、俺の故郷・今治と雰囲気が似てて、

わりとノスタルジックな気分にさせてくれました。

近いうちに、ライブ等で三重の皆さんにお会いできるよう、頑張ります!

 

♪今日のBGM "If You Wanna Be Happy"/Bill Wyman

 

1  2