Diary
Recent Entires
Diary Archives
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
伊予弁

 

 

愛媛から東京に出て来た時、一番カルチャー・ショックを受けた事・・・。

それは、今まで標準語、もしくは誰にでも通じると思い、

当たり前のように使っていた言葉が、 実は正真正銘の方言だと気付いた時です!

 

以前スタッフとお食事をした時、同じく愛媛出身の志帆が、

会話の途中で「そうさいさい・・・」と言い出した。

皆さん、意味はお分かりですか?

「そうさいさい」とは、 「そう頻繁に」という意味なんです。

この場合、「さいさい」の部分が方言です。

 

僕も聞き慣れた言葉なので、普通に話を聞いてたんですが、

他のみんなの頭上には「?」マークが! 「それ、どういう意味?」と訊かれた時、

初めて方言だと分かったんです。

 

こういう事は結構さいさいあるので、

気になった言葉(方言)は書き留めておくようにしてます。

同じ愛媛でも地域によって結構違うのですが、

僕達がよく使う方言をまとめてみました。

(ちなみに志帆の方が、さらにディープな地域出身です。

僕でも分からない言葉が次から次に出てきます。(笑))

 

 

・いってこうわい 【行ってきます】

・なんしよん? 【何してるの?】

・かまん 【〜でも(〜しても)構わない、大丈夫だ】

・ほやけん 【だから】

・はよせい、はよせいや、はよしいや 【早くしろ】

・たいぎい 【億劫だ、面倒臭い】

・めんどい 【面倒くさい】

・あら、おせらしなってぇ! 【あら、大人っぽくなって!】

・のける 【はずす、(別の場所に)寄せる】

・つい 【同じ、似た物同士】

・まっつい 【「つい」を強調した言い方】

・こそばい、こちょばい 【くすぐったい】

・かやる、かやす 【コップに入った水などがこぼれる、こぼす】

・まける 【コップに入った水などがこぼれる】、【肌がかぶれる】

・むつこい 【味がしつこい、脂っこい】

・とう、(とわん) 【(手が)届く、(届かない)】

・けつる 【蹴る】

・こまい、こんまい 【小さい】

・もげる 【物が(ある箇所が)外れる、取れる】、【声が裏返る】

・(机を)かく 【持ち上げて運ぶ】

・しょうたれ 【だらしない格好(をした人)】

・よけ、ようけ 【沢山、いっぱい】

・もんた、(もんてくる) 【戻った、(戻ってくる)】

・いろう、いらう 【触る】

・おらぶ 【叫ぶ】

・食べさし 【食べかけ、食べ残し】

・さいさい 【頻繁に】

・ぬくめる 【(電子レンジ等で)温める】

・はぐる 【(カバーやシーツ等の覆いを)めくる】

・はみご 【仲間はずれ】

・ひっしこ 【必死】

・ふうが悪い 【みっともない】

・いがむ 【歪む】

・こける 【転ぶ】

・いぬ、いぬる 【帰る】

・そくる、そくった 【ミスする、間違える】

・(あ〜あ、)どうならい 【困ったもんだ、(人や物事に対して落胆する時に 使う)】

 

 

こうして改めて見てみると、方言って面白いですね。

 

とりあえず、「いってこうわい」。

これさえ覚えれば、あなたも愛媛マスターです!

 

♪今日のBGM "Magic Man"/Heart

 

ぴあデビューレビューvol.130

渋谷O-Eastにて行われた「ぴあデビューレビューVOL.130」、

滞りなく終了いたしました!

本当に良いライブができたと思います。

こんなにお客さんとの一体感を感じられたライブは 初めてです!

 

【セットリスト】

1. Hot'N'Nasty

2. 1969

3. Rescue Me

4. ハロー・ハロー

5. 孤独のハイエナ [Live version]

6. 凛

7. 浪漫

8. 不夜城ブギ

9. マニフェスト

10. 愛をこめて花束を

 

-encore-

11. 愛と感謝

12. I Remember

 

 

 

特に、アンコールで演奏した『愛と感謝』での、

お客さんの大合唱を聞いた時、感動で鳥肌が立ちました。

本当に嬉しかったです。

音楽やってて良かったと思えた瞬間でした。

ちなみにこの曲は、9月から全国のFM局のキャペーンソングとして、

皆さんにガッツリお届けできる事になりました!

是非、楽しみにしててくださいね。

 

 

 

それではこの辺で!

以前BBSの方にもリクエストがあったりしたので、

Superflyの愛聴盤をご紹介したいと思います!

 

【志帆の選ぶアルバム BEST10】

●Crosby, Stills, Nash & Young/"Deja Vu" (1970年)

●Carole King/"Tapestry" (1971年、邦題:つづれおり)

●Janis Joplin/"Pearl" (1971年)

●The Rolling Stones/"Sticky Fingers" (1971年)

●Judee Sill/"Judee Sill" (1971年)

●Phebe Snow/"Phoebe Snow" (1974年)

●Sheryl Crow/"Sheryl Crow" (1996年)

●Sheryl Crow/"C'mon C'mon" (2002年)

●Stevie Nicks/"Trouble In Shangri-La" (2001年)

●Shannon McNally/"Geronimo" (2005年)

 

【孝一の選ぶアルバム BEST10】

●The Beatles/"Rubber Soul" (1965年)

●Crosby, Stills, Nash & Young/"Deja Vu" (1970年)

●The Rolling Stones/"Exile On Main St."

(1972年、邦題:メインストリートのならず者)

●The Rolling Stones/"Love You Live" (1977年)

●Fleetwood Mac/"Rumours" (1977年、邦題:噂)

●The Doobie Brothers/"Minute By Minute" (1978年)

●Oasis/"Definitely Maybe" (1994年)

●Aerosmith/"Toys In The Attic" (1975年、邦題:闇夜のヘヴィ・ロック)

●Aerosmith/"Nine Lives" (1997年)

●Sheryl Crow/"Sheryl Crow" (1996年)

 

♪今日のBGM "She Does It Right"/Dr.Feelgood

 

(Please Not) One More Time

BBSに沢山のメッセージを頂き、本当にありがとうございます!

皆さんの温かい声援が、毎日の励みになります。

暑い日々が続きますが、それさえもエネルギーに変えて ひたすら突っ走ります!

皆さんも、お体にはどうぞ十分お気をつけ下さいね。

 

 

Superflyは、毎回シングルのカップリングに、

僕達の大好きな洋楽のカバーを収録していこうと思っています。

前回はHumble Pie(ハンブル・パイ)というイギリスのバンドの代表曲、

"Hot 'N' Nasty"という曲をカバーしました。

いかがでしたでしょうか!?

 

そして今回の2ndシングルでは、

Roger McGuinn(ロジャー・マッギン) という人の

"(Please Not) One More Time"という曲をカバーしました!

このRoger McGuinnという人は、The Byrds(ザ・バーズ)という、

1960年代に活躍したアメリカのバンドの中心人物でした。

The Byrdsの、12弦エレキ・ギターを巧みに使った革命的なサウンドは、

「ビートルズに対するアメリカからの回答」とまで言われ、

世界中で絶大な支持を集めました。

代表曲"Mr.Tambourine Man"は、日本でもCMの曲になったりして、

結構知っている人も多いと思います!

 

この"(Please Not) One More Time"は、McGuinnの "Peace On You"という

ソロ・アルバムに収録されています。

 

 

 

1960〜70年代に、音楽の発展を影から支えた

Al Kooper(アル・クーパー) という人がいるのですが、

この曲は彼から提供された曲です。

後にAl Kooperも、自身のアルバムでセルフ・カバーしています。

 

今回カバーするにあたって、

ほんのちょっとカントリーの風味を加えたりしてみました。

また是非、感想を聞かせてくださいね!

 

♪今日のBGM "Built To Last"/Melee

 

渋谷O-nest

渋谷O-nestで行われたオトナモードさんとのツーマン・ライブ、

"TOKYO REAL-EYES Presents Live SUPERNOVA Vol.26"

来てくれた皆さん、本当にありがとうございました!

J-WAVEのスタッフの皆さんも、本当にありがとうございました!

 

ライブハウスでのライブは3ヶ月ぶりだったので、 ほんとに楽しかったです。

BBSの方にも書き込みがありましたが、

お客さんが近い、近い!

 

【セットリスト】

1. 1969

2. Rescue Me

3. 不夜城ブギ

4. ハロー・ハロー

5. 凛

6. 愛と感謝

7. マニフェスト

8. 愛をこめて花束を

 

-encore-

9. I Remember

 

 

実は渋谷O-nestは、Superflyにとってすごく思い入れのある場所で、

今からちょうど1年前に、「全力投球'06夏」というイベントで

出演させてもらいました。

あのイベントへの出演によって、Superflyは活動の再スタートを切れたんです!

 

 

↑ 1年前のO-nestでのライブ

 

地元にいた頃はとにかくメンバーが見つからず、

ライブ活動もままならなかったので、 メンバー探しも兼ねて、

思い切って上京を決意しました。

しかし上京後しばらくの間は、東京での生活に馴染むのに精一杯で、

音楽どころではありませんでした。

 

そんな僕らに力を貸してくれたのが、

現在もライブでSuperflyを サポートしてくれているベースのなおみちさんと、

ドラムのトマルさんです。

渋谷O-nestのステージは、Superflyの原点といっても過言ではありません。

 

実は上京後、一度だけステージで演奏する機会がありましたが、

本格的なライブイベントに出演するのは、なんと2年ぶりでした。

(本番前、僕は緊張で足がガクガクになっていました。)

まだ全然デビュー前で、お客さんは誰も僕らの事を知りませんでした。

MCで志帆も言ってましたが、前4列目くらいまでは、無人状態。

志帆のダンスホールと化してました(笑)

それでもあの時は、久しぶりに人前で演奏ができたことが

とにかく嬉しくて嬉しくて、まさに「水を得た魚」状態でした。

 

今回、1年ぶりに立ったO-nestのステージ。

後ろの方までビッシリと入ったお客さんを見て、思わずジー〜ンと来てしまいました。

 

打ち上げでは、共演したオトナモードの皆さんと仲良くなることができたりして、

収穫の多い一日でした。 (実はオトナモードさんとは、今回で3回目の共演でした。)

 

ちなみに、ギターの草刈さんが着ていたマニフェストTシャツは、

残念ながら非売品なんです!

 

 

 

これはラジオ等のリスナー・プレゼント用に枚数限定で作ったものなので、

欲しい方は、僕達の出演する各番組のプレゼントコーナーを

チェックしてみてくださいね!

僕もかなり気に入ってます。

 

♪今日のBGM "サイレント"/オトナモード

 

出会っちゃった

やっほー!みんなお元気ですか?

志帆です。

 

最近、ラジオ(ZIP-FM)のレギュラー番組"HEAT PHONICS"をやらせてもらっている

名古屋で、初の屋外ロケを行いました。

それは、「名古屋の街を散策しよう」という企画で、

名古屋市内の名所に行ってきました!

 

まず最初に行ったのは、"the other"という古着屋さん。

名古屋に来ると、しょちゅう立ち寄るお気に入りのお店です。

("the other"の店長・鈴木さんは番組にもゲスト出演して頂いた事があるんですよ。)

そこで、出会ってしまった・・・・・

 

チューリップ・ハット!!!

 

 

 

ず〜っと探していたんですが、 なかなか「コレ♪」と思うものに出会えなかったので、

このハットを見つけた時は嬉しかったなぁ。

ここのところ、毎日被っています。

そしていろんな人に「派手だねぇ!」と突っ込まれています。

 

他にも、普通に生活していると なかなか行けないような

「意外な」場所でロケをしたので、

名古屋のみなさん、良かったら"HEAT PHONICS"を 聴いてみてくださいね〜!

 

そしてこのカワイイお花は、名古屋の公開生放送ラジオ番組に出演した時に、

ファンの子に頂いたんです。(ありがとうございます〜!)

 

 

 

お仕事が終わったのが深夜で、帰宅した頃には

お花がショボン・・・ となってしまったので、急いで花瓶に挿しました。

翌日起きる頃には、シャキーンと元気を取り戻してくれましたヨ。

 

集まってくれたみなさん、ありがとうございました☆

 

我が青春の90年代

こんにちは多保です。

毎日暑くて、とろけちまいそうです。

 

最近BBSの方に、志帆が

邦楽のフェイバリット・アーティストを書いてたのを見ました。

Superflyは二人とも80年代生まれなので、

10代の多感な時期を過ごしたのは90年代。

やっぱり、聴いてきた音楽も同じなんだなと改めて感じました。

 

そういえば僕らが中学生の頃は、「第二次バンド・ブーム」と言われてたように、

バンド系アーティストがすごく多かったんです。

なので、バンドに憧れを抱いたのは、とても自然な事だったように思うなぁ。

 

僕が生まれて初めて買ったCDは、 ドリカムの『決戦は金曜日』と、

ミスチルの『Tomorrow never knows』。

当時のシングルCDは短冊型のケースに入っていて、 CDも8cm盤といって、

今よりも小さいサイズでした。

懐かしいなぁ・・・。

 

邦楽で好きな曲を挙げると、やっぱり90年代の曲が多くなりますね!

 

リアルタイムで特に好きだったのは、

 

●スピッツ/ロビンソン

●ウルフルズ/バンザイ

・・・大学3年の学園祭でコピーバンドをやった。

●Mr.Children/名もなき詩

●サザンオールスターズ/HOTEL PACIFIC

・・・大学の時、カラオケでいつも歌ってた。

●MY LITTLE LOVER/Hello, Again -昔からある場所-

●YEN TOWN BAND/Swallowtail Butterfly -あいのうた-

●Grapevine/君を待つ間

・・・生まれて初めて行ったライヴはGrapevine。

 

リアルタイムじゃないけど、特に好きな曲は、

 

●安全地帯/ワインレッドの心

●工藤静香/黄砂に吹かれて

●桑田佳祐/悲しい気持ち(Just a man in love)

●久松史奈/天使の休息

●小泉今日子/あなたに会えてよかった

●HIS/夜空の誓い

●氷室京介/ANGEL

●LINGBERG/BELIEVE IN LOVE

●ユニコーン/すばらしい日々

 

さらに遡ると、

 

●サザンオールスターズ/勝手にシンドバッド

●RCサクセション/雨あがりの夜空に

●ペドロ&カプリシャス/五番街のマリーへ

●はしだのりひことクライマックス/花嫁

●堺正章/さらば恋人

●原田真二/キャンディ

 

ここ1、2年で、特にお気に入りの曲は、

 

●レミオロメン/粉雪

●YUI/Good-bye days

●RIP SLYME/熱帯夜

●mink/One Suitcase

●Bennie K/Joy Trip

●絢香/Jewerly Days

●BONNIE PINK/Water Me

●スキマスイッチ/全力少年

●榎本くるみ/打ち上げ花火

 

です! (※敬称略させていただきました)

 

 

 

邦楽のカバーも、いつかやりたいな。

 

♪今日のBGM "やぶれかぶれ"/ウルフルズ

 

九州キャンペーン

ちょっと前になりますが、福岡の海の中道で行われた

"HIGHER GROUND 2007"に出演した後、 九州方面のキャンペーンを行って参りました!

 

いつも訪れる度に思うんですが、 九州の人は本当に温かいです!

距離が近いからかもしれませんが、

街の空気感も地元・四国と似ていて、 とても落ち着きます。

 

そして・・・

食べ物が美味しい!! これには本当に毎回驚かされます。

不思議なくらい、何でも美味しいです。

 

今回は福岡→鹿児島→宮崎→大分 という流れで旅をしてきました。

鹿児島といえば屋久島に、中学生の頃に家族旅行で行った事が あるのですが、

本土は初めての訪問でした。

屋久島は、まさに「もののけ姫」の世界でした。

中学生ながら、その自然の神秘さに、ただ我を忘れて感動したのを覚えています。

 

そして、初めて食べた鹿児島名物・黒豚!

 

 

 

これは「黒豚 黒酢揚げ煮」ですが、

あえて月並みな言葉で表現すると、頬がとろけ落ちるほどウマかった!

 

次に訪れた宮崎県。

宮崎は、僕も志帆も初めてです。 僕は特に鉄道マニアというわけではないですが、

"KIRISHIMA EXPRESS"にはド肝を抜かれました!

 

 

 

電車を見て、「カッコイイ」と思ったのは初めてかも。

思わず写メールを撮ってしまいました。

駅に着くと、「ようこそ宮崎へ」と書かれた

東国原知事のパネルが、 僕らを迎えてくれました。

もちろん食べました。地鶏。

 

 

 

個人的には、この「冷や汁定食」が最高に美味しかったです。

 

そして最後に訪れた大分県。

僕が小さい頃、愛媛県の小学生の修学旅行先といえば 大分県でした。

そして大分と言えば、Superflyサポメン草刈浩司氏(Gt.)の出身県。

草刈さんの実家は、臼杵で中華料理屋さんをやっていると聞いていたので、

九州キャンペーンの「総打上げ」をして参りました。

 

 

 

この日は定休日だったのにも関わらず、 わざわざ僕達の為に、

お店を開いてくださいました。

本当に有難うございました!

ご両親を始め、みんな本当に温かい人ばかりで、まさに至福の時でした。

大分名物「とり天」もメチャクチャ美味しかったし、

東京に戻るのが、名残惜しくてしょうがなかったです。

 

ちなみに、大分空港に向かうため、

「大分ホーバーフェリー」に乗りました。

あの縦揺れ、そうとうヤバイです。

 

♪今日のBGM "Indian Summer"/Poco

 

マニフェスト!

遂に僕達のセカンドシングル、『マニフェスト』が リリースされました!

 

この曲を書いたのは今から3年前で、

アマチュア時代から、ずっと何度も何度も演奏してきました。

Superflyにとって、非常に思い入れのある楽曲です。

 

そして先日、ミュージック・ステーションに出演させて頂きました。

番組スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

こうして、この楽曲を全国の皆さんに聴いて頂けて、 本当に感激しております。

 

 

 

話は変わりますが、最近、手塚マンガの『BLACK JACK』を 読み始めました。

僕は元々、そんなにマンガを読む方ではなく、

手塚マンガすらも通らずに25年間生きてきました。

今までマトモに読んだマンガといえば、

『ドラゴンボール』と『スラムダンク』 くらいです。

(『ドラゴンボール』は、魔人ブウ登場以降は読んでない。)

 

この前、キャンペーン先で立ち寄った本屋で、

なぜか無性に『BLACK JACK』が気になって、買ってみました。

 

 

 

こんなに面白くて、奥深い作品を、

なぜ僕は25年間も触れずに生きてきたのでしょうか! ハマりそうです。

まだ2巻しか読んでいませんが、

手塚先生の、世の中に対する警鐘みたいなものを感じました。

・・・深いです。

 

 

 

あと、以前も日記に書きましたが、これは『SWITCH』という雑誌です。

7・8月号の2号に渡って、Superflyの特集が組まれています。

まだ読まれてない方のために補足しておきますと、

Superflyの生い立ちや、音楽的ルーツを辿るために、

地元・愛媛でロケ&インタビューを行いました。

個人的に、発売をとても楽しみにしていたので、

発売日に本屋に走り、購入しました。

こうしてプロによる写真で、改めて地元の風景を見ると、

なんて「美しい所なんだ」と再発見しました。

愛媛に生まれ、愛媛で育って良かった〜。

 

もし興味がある方は、是非読んでみて下さいね。

次号は8/20発売です。

 

♪今日のBGM "Luka"/Suzanne Vega